北極星のイメージ

北極星とは?

北極星は地球の自転軸を北極側に延長した線上(天の北極)近くに位置しているため地球上から見るとほとんど動かず、北の空の星は北極星の周りを回転しているように見える。そのため北極星は天測航行をする際に正確な測定をするための固定点となり得る。Wikipedia[北極星とは参照]

北極星とは?もっと詳しく

北極星は固定点となることを古くから知られており、アッシリアで発見された後期バビロニア時代の星座絵図にはポラリスが描かれていた。2009年現在、ポラリスは自転軸から1度あまり離れており、直径約2度の小さな円を描いている。北極星は春分点歳差のために、何千年か毎に別の星に移り変わる。紀元前2000年代にはりゅう座α星(トゥバン)が天の北極近くにあり、エジプトのクフ王のピラミッドに北向きに作られた通路は当初この星を向いていた。1万3千年代にはこと座α星(ベガ)が北極星になる(紀元前1万1千年代においても、やはりベガが北極星であった)。

各時代の北極星

北極星は歳差運動のため、約2万5千年周期で移行し、後述の行程をほぼ同様に繰り返す。ただしそれぞれの恒星の固有運動があるため正確な繰り返しではなく、例えば紀元前58,000年頃にはうしかい座のアルクトゥルスが北極星であった。後述の「過去・現在・未来の北極星」のうち赤緯89度以上に達するのはポラリスとトゥバンであり、最も天の北極に近づくのはトゥバンである。

ポラリス (恒星)とは?

ポラリスは三重連星で、黄色輝巨星(または超巨星)でセファイド変光星でもあるポラリスAと明るい黄色の主系列星であるポラリスBとが約2700天文単位離れて回り合う実視連星となっている。ポラリスBは中口径の望遠鏡でも見ることができ、1780年にウィリアム・ハーシェルによって発見された。1929年に分光観測によって、ポラリスAにもう1つ非常に距離の近い伴星(ポラリスP、ポラリスa、ポラリスAbなどと呼ばれる)が存在することが明らかになった。2006年1月にアメリカ航空宇宙局はハッブル宇宙望遠鏡でポラリスを撮影し、3つ全ての星を直接撮影することに成功した。ポラリスAに近い方の伴星は主星であるポラリスAからの距離が約20天文単位しか離れていないため、主星の光に埋もれてほとんど見ることができない

天の北極(てんのほっきょく)とは

天の北極(てんのほっきょく)とは、地球の地軸と天球とが交わる点のうち北側のもの。北半球にいる観測者からは、すべての天体が天の北極を中心に日周運動をしているように見える。南半球からは見ることが出来ない。地球の北極が北緯90度であるのと同様に、天の北極の場合は赤緯が+90度となる。

北極(ほっきょく)とは

北極(ほっきょく)とは地球などの惑星・天体の地軸と地表が交わる点のうち、北側のものである北極点の周辺地域、もしくは北極点そのものを指す。地球上での北極海などを含む地域を北極地方(後述)と呼び、地球上においては白夜・極夜の見られる区域を北極圏と呼ぶ。地球の自転軸上の北極点と方位磁石が示す北極である北磁極は異なる場所にあり、1000km程離れている。 南北の磁極は移動し続けている。北極は地球温暖化の影響を真っ先に受けるため「炭坑のカナリア」によく例えられる。

参照元:フリー百科事典ウィキペディア

厳選おすすめ情報

トヨタのベルファイアの値引き方法を徹底解説。ヴェルファイア 値引きの秘密を教えます!

インプレッサ値引きをお考えの方必見。スバル車の値引きについて。インプレッサ 値引きするならこのサイト。スバル車掲載中。

©2009 北極星のリンク集 All Rights Reserved.